破魔弓の正しい知識・歴史

| コメント(0) | トラックバック(0)

破魔弓や羽子板などは大体子供が小さい頃にお祝いとして購入する事が多くそのまま飾ったり、そのまま置いておく事が多くなりますが、大体1月15日にまで片付けるとされていますがこの人形たちには魔除けやお守り等の意味があるため、邪魔にならなえれば年中飾っていても問題はありません。

毛ひとつの意味はこの破魔弓等には子供の健康と長寿を祈る意味と健康で育った意味を持ち合わせて飾ったりするのが意味とされています。

また、破魔弓や羽子板や五月人形など歴史は、赤ちゃんが生まれたら厄払いとして

女の子は羽子板、男の子は破魔弓と決められており女の子は何故羽子板なのかというその由来は、室町時代に中国から到来してきて最初は「羽根」をつく実用的な物として好まれていたが徐々に、風習として、女の子が生まれたりしたら、羽子板を飾るようになったため、次第に市民には女の子が生まれたら、羽子板を飾る。

という風習が生まれたため、今現在でも、そういった意味合いから羽子板を飾るとなされてきています。

そして破魔弓はかなり歴史が古く大和時代から行われていた的を矢で打つ儀式がありその矢先は古くから放つと邪気をはらうという特別な力を持っているとされておりそこから医等女お祝いや行事で使用されるようになりました。

そして、男の子が生まれたらこれを飾る事で男の子の健康と成長をお祝いする風習に変わっていったとされています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.merchantpick.com/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2015年10月26日 13:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「防災グッズ、何を入れとけばいいの?」です。

次のブログ記事は「ドローンで変わるテレビ放送の未来」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。